スタッフの声

リハビリ部 採用サイトTOP > スタッフの声 > セラピスト対談

プリセプター対談インタビュー

セラピストとして自分を高め、 成長できる環境が姫野病院にはあります。
プリセプター:日下部碧×プリセプティ:濱田聡子
セラピストがイキイキと活躍できる職場。
セラピストを目指したきっかけは?
日下部
私の祖母は持病の為入院したり、着がえなどの際も少し手伝いが必要な状態でした。幼い頃からその姿を近くで見ているうちに将来は祖母のような人の役に立つ医療の道に進みたいと考えるようになりました。中学までは漠然としたものでしたが、高校になり様々な道を知るきっかけがありました。そんな中でも日常の生活に対して直接的に関わっていける、リハビリセラピストという職業を知り、自分の理想としていた医療職像だったため、目指してみようと思うようになりました。
濱田
家の掃除や洗濯が生きがいだった祖母が病気で入院し、病院から退院したあと排泄など身の回りのことが出来なくなったり生きがいだった家事が出来なくなった時に元気がなくなって、認知も進み私のことも分からなくなっていたことがきっかけです。その時に祖母にとって生きがいだった家事を危ないからと取り上げてしまったことに後悔しました。また人の世話になりたくない性格の祖母が介護されて排泄などをするのは祖母にとって嫌なことではなかったのか、もっと自分で出来るように練習しておけば落ち込んだり認知が進んだりしなかったのではないかと思いました。その為、身の回りの事や生きがいが無くなってしまった方やそのご家族のサポートができるようなことがしたいと思い作業療法士を目指しました。
セラピストを目指したきっかけは?
日下部
学生の頃から地域や生活に密着した病院で仕事ができればと考えていました。様々な病院をみていくなかで姫野病院は地域に根付いておりそれぞれの生活に沿ったらリハビリテーションを提供しており、自分もそんな場所で働きたいと思いました。
濱田
実習で来た際に、患者様一人一人に合わせて身の回りの動作や必要な方には家事動作などを行っており、その時の患者様の表情がいきいきと明るく見えました。患者様にとって自分で出来ることは自信にも繋がり退院後の生活にも影響します。患者様の退院後の生活を考え、一人一人にあったサポートをしている姫野病院を選びました。この点は、日下部さんと同じです。
働いてみてどうでしたか?
日下部
働き始めて思ったことは、机上での勉強、実習と臨床の現場とのギャップです。ある程度の知識は専門学校で学ぶことができますが、実際に現場で働くとなると患者様との距離感や接し方一つとっても分からないことだらけでした。先輩方の姿をみて学び教えていただきながら何とか取り組んできました。
濱田
私は、想像してたよりも、患者様の経過によってリハの内容を進めていったり病棟やSWなどと連携して患者様の退院後の事を考えていくことは難しかったです。また、リハビリ以外にも書類などの業務もあるため覚えることがたくさんありました。しかし、先輩方にアドバイスをいただいたりサポートして下さるので日々学びながら行う事が出来ています。
日下部
また、知識や技術の面でも今まで学んできたことだけでは足りない部分も出てきます。そんな時、先輩方の助けを借り、先輩方の知識量や技術の豊富さにとても感銘を受け自分自身も更なるスキルアップができるように頑張っていきたいと思うようになりました。
濱田
やっぱり、先輩方の存在は大きいです。
患者さまとの心のつながりを意識して。
日下部
リハビリを進めていくに当たって、患者様一人一人の状態に合わせたリハビリ内容や生活環境の設定は本当に十人十色で、4年目になりますが、いまだに試行錯誤を繰り返して一番最適なものは何か考えていくことはセラピストとして面白い部分でもあり難しい部分でもあると感じます。
姫野病院は全病室が個室で、家具もすべて移動が可能なため本当の意味での患者様一人一人に合わせた環境調整を行うことができます。自分なりに考えて調整を行いそれが退院への足掛かりとななり、自宅などの住み慣れた環境へ退院されていかれる姿をみるととても嬉しく、やりがいを感じます。
濱田さんはどう?
濱田
私は、患者様の変化を見ることができることです。例えば疼痛が酷くて起き上がるのも難しかった人が動作指導することで楽に起き上がれるようになったりすると、患者様の笑顔や前向きな声が聴けるのでそれが私にとっても嬉しく頑張ることができます。
セラピストがイキイキと活躍できる職場。
患者さまとの心のつながりを意識して。
濱田
他スタッフと連携して、入院前の患者様の生活状況を把握し、出来るだけその生活に近づけて自宅や施設へ帰っていただくことです。そして、患者様やそのご家族の笑顔が増えるといいなと思います。
日下部
セラピストとして働き始めて4年目になりますが、まだまだ日々勉強の毎日です。今では患者様の平均年齢も高くなり整形だけでなく内科的な知識や技術も幅広く必要とされてきています。今はまだ浅い部分もありますが、循環器や呼吸器なども含めてこれだけは誰にも負けないといえる分野を増やしていくことが今の私の目標です。
姫野病院はどんな職場ですか?
日下部
年数や年齢にか変わらず相談しあえる、向上心のある職場だと思います。
濱田
確かにそうですね。
日下部
担当患者様だけでなく気になったことはすぐに話し合い、どのようにしていけばより良いリハビリを行っていけるか常に全員で考えることができる環境があります。また、PT,OTどちらかの視点だけでなく常に担当になったPT,OT間や他職種と話し合い患者様にとって何が一番最適かを模索しています。
濱田
まだ2年目という事もあり分からない事なども多いですが、新人向けの勉強会が開かれるのでそこに参加したりして勉強面に対するサポートは充実しています。また、リハビリ内容等に関しては先輩方がアドバイスしてくださったり、常に気にかけて下さるので安心出来、自分も成長できる職場です。私も今後先輩方のようになれるよう頑張ります。
  • スタッフの声
  • セラピストメッセージ
  • 理学療法士 田中朝基
  • 作業療法士 坂本智洋
  • 言語聴覚士 林 靖洋
  • セラピスト対談
募集要項
  • 新卒採用
  • 中途採用
  • リハビリテーション部ブログ
医療法人 八女発心会 姫野病院
〒834-0115
福岡県八女郡広川町大字新代2316番地
TEL:0943-32-3611
FAX:0943-32-3620

ページのTOPへ